不動産関係の学問としてあることが

不動産学というのがあります。
つまりは、学問としてやっていることもあるのです。
例えば、法学、経済学などもそうですし、土木工学、建築学もそうです。
都市工学や地理学によって開発に関することを論じたりと意外と分野は広いことになります。
不動産で儲ける、ということは経営学の分野になるでしょう。
投資であれば金融も関わってくることになります。
土地家屋というのは様々な生かし方があります。
また、税金などに関する知識もあったほうがよいでしょう。
何も学問としてきちんとやることにしないとしてもとにかく、知識してそのあたりのことは知っておいた方がよいでしょう。
不動産関係といっても本当にたくさんの分野がありますから、何から知識として身につけるべきであるのか、というのはよく考えることです。
儲けることから考えるのか、それとも土地家屋における性質を見極めることから知識として身につけていきたいのかなどの違いが実に細かくあるといえるでしょう。